元サラリーマンの波乱万丈 為替日記

会社をリストラされてから、外国為替の世界へ。

幻想を抱きやすい人の脳

コントロールの幻想

f:id:H_heaven:20161016222038j:plain

 

心理ファクターは、コントロールの幻想である。人々は良く自分がコントロール出来ない結果についても、影響を及ぼすことが出来るまた、及ぼしていると考えがちです。

こうしたコントロールの幻想の重要な特性として、選択、結果の連続、慣れ、情報、積極関与があります。

 

①選択する事はコントロールすることと誤解しやすい

②起こった結果が、続くように感じることもコントロールの幻想である。儲かった結果は損した結果よりもコントロールの幻想に陥りやすい。

③その仕事に慣れていればいるほど、コントロールの幻想に陥りやすい。

④多くの情報を得れば得るほど、コントロールの幻想に陥りやすい。

⑤あるプロセスに積極的に関与すればするほど、コントロールの幻想に陥りやすい。オンライン投資は、投資プロセスに積極的に関与する必要がある。自己の投資を行うにあたって、情報を獲得し、分析し意思決定をし、取引を発注する必要があるゆえにコントロールの幻想に陥りやすい。

 

プロの投資家数年間のオンライン投資転向前と後のデータを集計した。オンライン投資の転向前、年18%近いパフォーマンスを示していた、これらは市場パフォーマンスよりも2.35%高い収益率である。しかし、オンライン投資に転向後パフォーマンスが、悪化した。平均パフォーマンスは年12%であり、これは市場パフォーマンスより3.5%悪い結果となっている。積極的に関与した事によりコントロールの幻想に陥った結果のような集計結果となっている。

 

特に投資家には、気質効果気質効果が働く傾向が強い為、このような結果に拍車をかけたのではないでしょうか?

今年(2013年)の9月15日で、リーマン・ショックから丸5年が経過しました。この5年間で私たち日本の個人投資家は、メンタル面において重大な考え方を突きつけられたように感じます。その考え方とは、「投資成果を自分でコントロールできるというのは幻想である」というものです。リーマン・ショック以降、個人投資家の間では、株式など相場の急落や乱高下に対して過剰ともいえる恐怖感が広がりました。相場の動きに少しでも不安や疑問を感じたら、いち早く「利益確定」や「損切り」「撤退」に踏み切ることが不可欠と考える人も増えてきたようです。利益確定にしても損切りにしても、一時的に投資を中断した投資家は、その後どこかで再び新たな投資を始めることになるはずです。これはその投資家が自らの投資という行為に手を加え、売買のタイミングや投資期間をつくり変えることにほかなりません。たとえ無意識であっても結局のところ、投資家は自分で投資成果をコントロールしようとしているわけです。リーマン・ショック後の金融市場では、投資家がリスクを積極的に取るリスクオンの局面と、リスクの回避に走るリスクオフの局面が顕著に現れるようになりました。投資家の心理が強気に傾くと欧米株などの「リスクオン資産」が、弱気に傾くと米ドルや円などの「リスクオフ資産」がそれぞれ一斉に買われます。結果として投資は短期志向となり、投資家はスイッチを切り替えるようにリスクオンとオフの間を右往左往することになったのです。リスクオン・オフは主に機関投資家の話ですが、日本の個人投資家も、それに似てきたような気がします。もちろん、「短期志向が悪いのか」「長期投資にそれほどの効果があるのか」といった反論もあることでしょう時と場合によっては利益確定や損切りが重要なことも確かです。しかし、相場観に基づく投資がその道のプロにも難しいという事実は、忘れるべきではありません。

 

参考書

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投資賢者の心理学 [ 大江英樹 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/16時点)

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ